【福島市】不動産売買の仲介と買取の違いや査定のポイント

Column

不動産売買はとても高額な取引になるため、後悔しないようにしっかりと準備をしておきましょう。不動産会社は不動産売買のプロであるとはいえ、すべて任せるのはおすすめできません。まずは自分自身で不動産売買に関して理解し、納得のいく取引ができるように知識をつけておきましょう。

こちらでは仲介と買取の違いや査定のポイントを、福島市で不動産売買を行う株式会社極東不動産がご紹介します。

仲介と買取の違い

不動産売買の方法には、買取と仲介の2つがあります。実際にどちらで売却するべきなのか、迷ったときはそれぞれの違いとメリット・デメリットをチェックして検討しましょう。

3つの違いについて

戸建ての模型と堆く積み重なったコイン

買取と仲介の違いは、主に3つです。

取引相手

買取と仲介でまず大きく異なるのが、「誰が購入するのか」という点です。仲介で取引相手となるのは不動産業者に探してもらった購入希望者で、個人の場合が多いでしょう。購入希望者は、自らが住むために購入します。

一方、買取では不動産業者が取引相手です。買取した後、付加価値をつけてから再販売します。

売却するまでの期間

仲介での売却では、購入してくれる相手が見つかるまで待たなくてはならず、いつ買い手が現れるかがはっきりとわかりません。数ヶ月で売れることもあれば、1年以上購入希望者が現れないということもあるのです。最悪の場合、いつまで経っても売れない可能性があります。

一方、買取であれば購入相手が不動産会社と決まっているため、買い手を探す必要はありません。手続きの期間は必要になるものの、不動産会社と売主で価格・条件に折り合いがつけば、数日で売却が完了するでしょう。

売却金額

仲介は売主が希望する金額にもとづいて購入希望者を探すため、売却価格は相場価格とほぼ同等になるでしょう。買取と比較すると高い金額で売却が可能です。

買取の場合は、不動産業者側が買い手がつかないリスク・物件が損傷するリスク・物件の維持管理をするコスト・再販売した際の利益まで考慮しなくてはなりません。その分を踏まえて金額が決まるので、買取額は相場価格のおよそ6~7割程度です。

それぞれのメリットとデメリット

不動産売買・査定について話し合う人々

買取にするか仲介にするかで迷ったときは、それぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう。どちらの売却方法が向いているかがわかれば、よりよい売却方法が選択できます。

買取のメリット・デメリット

買取の最大のメリットは、短い期間で売却ができるという点です。売却を完了させたい期日が決まっていたり、すぐに現金化する必要があったりするときは、買取をおすすめします。また、広告・インターネットで大々的な売り出しをしないため、周囲・知人に売却を知られることはありません。不動産会社が直接買い手となるので、仲介手数料がかからない点も買取ならではのメリットです。

ただし、仲介と買取の違いの際にもお話ししたように、買取になると相場価格のおよそ6~7割程度の価格でしか売却できません。価格の低さは、買取のデメリットです。

仲介のメリット・デメリット

仲介は、焦らずゆっくり時間をかけて売却できる点がメリットです。売主の希望が最優先です。売主が納得できる価格・安心して売却できる買主が見つけられるように、時間をかけて売却を行います。

大切にしてきた家だから納得できる売却がしたいという方には、仲介での売却がおすすめです。買取よりも高い価格での売却ができるでしょう。ただし、買主が見つからなければ売却できず、現金を受け取れるまで1年以上かかることもあります。また、広く購入希望者を募ることになるため、周囲に売却を知られる点は仲介で売却する際のデメリットです。

査定のポイント

不動産売買をする際、不動産会社に査定をしてもらわなくてはいけません。査定額は、仲介で売却する際に売り出し価格の参考になる価格です。買取でも、査定価格が買取価格の基準となります。提示された査定額を理解しやすいように、不動産会社が査定でどんなポイントをチェックしているのか、知っておくとよいでしょう。

事前のチェックポイント

電卓と家の模型

査定時に不動産会社がチェックするポイントは様々ですが、こちらでは主なチェックポイントをご紹介します。

築年数

築年数は、査定で最も重視されるポイントです。建物部分には、住宅の種類によってそれぞれ「法定耐用年数」が定められています。例えば、居住用の木造建築は22年、鉄筋コンクリートは47年です。

法定耐用年数を踏まえて考えると、木造の戸建てで築20年を経過している不動産は、査定額がほぼゼロになることも少なくありません。それ以外の種類であっても、建物は築20年を経過すると急激に価値が下がります。

内装・外装

家の評価をするにあたり、内装や外装も不動産会社が細かくチェックしています。築年数は新しくても、内装が汚れていたり外装に問題があったりする不動産は、その分査定額が低くなるでしょう。特に雨漏りやシロアリといった問題は、修繕が求められる可能性もあります。

定期的にメンテナンスをしていれば特に問題はないですが、不動産会社は査定のプロです。売主自身が気づいていなかった汚れ・劣化まで見抜き、査定額がマイナスになることもあります。

立地

家の状態とは少し異なりますが、不動産の立地も査定額に大きな影響をもたらします。商業施設が近い、駅まで徒歩圏内である、学校や病院など生活に必要な施設が揃っている、という立地の不動産は、高値が期待できるでしょう。駅から遠かったり商業施設が近くになかったりする場合でも、今後開発されていく予定があるのであれば、不動産会社に積極的にアピールしてください。

日当たり・眺望

日当たりや眺望は、快適な生活空間を決める要素として重要視されます。道路の面している方角として、日当たりがよい南向きが最も好まれるでしょう。朝日が感じられる東向きも人気です。一方、夕日がきつくなりやすい西向きや日当たりが悪い北向きの道路に面していると、査定額が下がります。

以上が、不動産会社が査定時にチェックしているポイントです。査定を不動産会社に任せっきりにすると、不動産会社にとってメリットがある「売りやすい価格」の査定額になってしまう可能性があります。

そうならないために、査定を依頼する際は売主としての意見・見解を不動産会社にはっきりと伝えておきましょう。

後悔しないために自身でもチェック

不動産売買・査定について話し合う夫婦と男性

不動産会社を選ぶ際、気をつけなくてはいけないのが悪徳業者に騙されないことです。こちらでは、悪徳業者に騙されないために自分自身で事前にチェックしておきたいポイントを見ていきましょう。

査定を受ける前に必ず相場を調べる

相場のチェックは、査定を依頼する前に必ず行いましょう。相場がわからないと不動産会社から提示された相場が妥当なものなのか判断できず、悪徳業者の言いなりになってしまうおそれがあります。

とりあえず媒介契約を結びたい一心で、相場よりもかなり高い金額を提示する悪徳業者も少なくありません。契約を結んでから、あれこれと理由をつけて値下げを要求し、実際の売却額は相場価格を大きく下回る…というケースもあるのです。中には、相場よりもかなり安く査定をして、自社で買い取れば査定額よりも高い金額で購入します、というような話をもちかけることもあります。そういった悪徳業者の話に騙されないために、査定を受ける前に必ず相場を調べておきましょう。

査定額の根拠をしっかりと説明してもらう

「価格査定の結果を回答するときにはその根拠も一緒に回答しなければならない」と、宅地建物取引業法で決まっています。しかし、悪徳業者の査定額にはほとんど根拠がなく、尋ねてもはぐらかされることは少なくありません。査定額の根拠を尋ね、きちんと納得がいく説明をしてくれない不動産会社には依頼しないようにしてください。

対応の良し悪しもチェックする

よい不動産会社は、お客様への対応も丁寧です。安心して不動産を売却してもらえるように、と誠心誠意対応してくれるでしょう。一方、悪徳業者はとにかく利益が出ればよいという考え方をしているため、お客様への対応が雑です。

売却相談時・査定依頼時などに担当者がどんな対応をするかをしっかりチェックし、少しでも不安を感じたり好感がもてなかったりする場合は依頼を避けましょう。親身になって考えてくれない不動産会社に依頼すると、不動産を売るときの手続きも適当になり、後々のトラブルにつながるおそれがあります。

不動産売買は売主自身にも知識が必要

不動産売買のことは素人だから、プロである不動産会社に任せておけば安心、と考える方が多いでしょう。しかし中には、自分たちが売りやすいようにと考えて、自分たちにとって有利な査定額や条件を提示する不動産会社もあります。

売主が本当に納得して不動産売買を終えるためには、売主自身もあらかじめ不動産売買について学んでおく必要があります。高額な取引となるため、後悔のないようにしっかり準備して不動産売却に挑みましょう。

株式会社極東不動産では、福島市を中心に不動産売買をお手伝いしております。代表は行政書士免許も持っているため、法律的なご相談にも対応可能です。まずはお気軽にお問い合わせください。

福島市で不動産売買(査定・仲介)のご相談なら株式会社極東不動産

会社名 株式会社極東不動産
住所 〒960-8043 福島県福島市中町3−11
TEL 024-523-4142
定休日 毎水曜日・祝日・年末年始・GW・お盆
営業時間 9:00〜18:00
(土曜日 9:00~17:00 日曜日 10:00~17:00)
免許番号 宅地建物取引業 福島県知事(11)第10189号
URL https://www.kyokutoh.co.jp/